執筆・ゴーストライター・自費出版ならライティングにお任せください!

版元(出版社)様、個人のお客様などからの依頼に、お応えしております。このページに記載されている以外にも、業務の性質上オープンにできない多数の実績がございます。お問い合せいただければ、それらをご覧いただくことも可能です。実際にライティング(株)が執筆したものを1冊お読みいただいた上で、ご依頼いただくとご安心いただけるかもしれません。

医療系ビジネス書のゴーストライティング

business.jpgジャンル:医療系ビジネス書
完成日:2017年・春

担当者より:
医療関係者の方から「同業者向けのノウハウ本を出す予定だが、日々の業務が忙しくて執筆する時間がない。一般向けではないが、ゴーストライターを頼めるだろうか?」とご相談をいただきました。お打ち合わせで内容を確認した後、弊社のゴーストライターがお客様の代わりに書かせていただくことになりました。
インタビューでは、業界ならではの問題や、現場の人々にしか分からない感覚、専門用語などが出てきました。その一つひとつを確認し、執筆させていただきました。

一般向けの本であれば、インタビューで聞いた内容を「翻訳」する必要があります。しかし今回は医療専門職をターゲットとしているため翻訳は不要であり、私自身がしっかりと理解したうえで、著者の言葉をわかりやすく表現することに専念しました。
また、より「伝わる」内容に仕上げるため、図や表、イラストの挿入をご提案させていただきました。

ライティングでは、専門性が高い内容でも、著者に教えていただき、ライター自身もしっかりと勉強をしながら、執筆を代行させていただきます。


ビジネス本のゴーストライト

book.png


ジャンル:ビジネス書(仕事術)
完成日:2016年・夏

担当者より:
「長年培ってきた仕事術のノウハウを、一冊の本にまとめたい。書きたいことは決まっているが、うまく文章にできないので、ゴーストライターにお願いしたい」と、弊社にご依頼がありました。

まずはお打ち合わせでお客様のご希望をしっかりとお聞きし、ノウハウをわかりやすく説明すること、その根拠となる事例や理論を丁寧に説明するという方針をたてたうえで、インタビューを行いました。

お客様の経験がひじょうに豊かであったため、5時間以上のインタビューを2回させていただき、さらにその後もメールやお電話で何度もやりとりをさせていただきました。

直接お会いしてお話を聞いているとき、私はお客様にほぼ100%共感しています。そのためインタビューで十分お話を聞けたと思っても、実際に執筆をしてはじめて情報が足りないことに気づくことがあります。
お客様にはたいへんご迷惑をおかけしてしまいましたが、お忙しいなか時間を作ってご返答いただいたおかげで、最後にはお客様にも満足していただける原稿になりました。



自伝のゴーストライティング

 jidenn.jpg

ジャンル:自伝
完成日:2016年・春

担当者より:
「ごく平凡な人生を送っていたが、病気にかかって人生が一変してしまった。それでも周囲の人々に助けられ、力強く生きてきたことを自伝という形にして残したい。病気のため自分では書けないので、ゴーストライターさんにお願いしたい」と、ご依頼をいただきました。

70年近い人生のお話は、6時間のインタビューを3回行っても、すべて聞き取れるものではありませんでした。執筆してみると、とても1冊に入りきらない膨大な量になってしまい、お客様と何度もやりとりをさせていただきました。

インタビューでは子ども時代から現在に至るまでを時系列順にお話いただき、原稿もほぼその通りに書かせていただきました。病気の辛さや生活の苦しさ、愛する人との別れ、人との絆を強くして前に進もうとするお客様の決意など......インタビューで涙しそうになり、執筆中も何度も目頭が熱くなりました。

自伝の執筆は、お客様の人生をまるごと受け取って文章にするという、途方もない作業です。ライティングではお客様の気持ちに限りなく近づき、真にお客様の代わりとなって、文章を書かせていただきます。



学校説明会保護者代表スピーチ原稿の代筆

2017-10-06 16.59.44.png媒体名:スピーチ原稿
完成日:2017年9月
担当者より:

 高校の保護者様からのご依頼で、説明会のスピーチ原稿の代筆をさせていただきました。
学校から急に依頼され、過去の説明会の原稿も残っていなかったそうなので「何を話せばいいのかわからなくて困っている」と仰っていました。

 保護者スピーチに来られる方々は、来年高校入学を希望している中学生、そして保護者の方々がほとんどですので、生徒であるお子様が「学校に入学して、どのような良いことがあったか」を中心に執筆させていただきました。

 スピーチ原稿のご依頼では「スピーチに来られる方々が一番聞きたい情報は何か」を特に意識して執筆いたしております。


経済学分野の論文代筆

keizairepo-to.jpg

媒体名:大学論文
完成日:2017年6月

担当者より:
大学で経済学部を学ばれているお客様から、論文執筆代行のご依頼をいただきました。
専門性の高い内容でしたが、取材時に書きたい内容について細かくご説明くださり、また、事前にたくさんの資料をご用意してくださったため、不明点や疑問点はすべて解消できました。
こちらからもご提案をしながら内容を詰めていき、執筆中に何度かご質問をさせていただきましたが、最終的にご満足いただける内容に仕上がりました。
お客様の丁寧なご対応に、心から感謝いたします。



障害者福祉分野の論文代筆

kangoronbun.png
媒体名:社内発表
完成日:2017年1月

担当者より:
福祉施設に勤務されているお客様から、論文執筆のご依頼をいただきました。
論文の元になるデータを受け取り、お電話で主旨を確認して、執筆させていただきました。

依頼自体は数カ月にいただいていたのですが、お客様のお仕事がお忙しかったことや、データ収集などの準備もあり、執筆開始までに時間がかかりました。しかしその間、何度もやりとりをさせていただき、お客様が論文で書きたいことや、その動機や背景について十分にお聞きしていたので、お客様の気持ちになって執筆することができました。
結果、ご満足いただける仕上がりになりました。

書きたい気持ちはあるけれど、書く時間がない、文章がまとまらない、というお悩みの方は、ぜひライティングにご連絡ください。各分野に精通したライターが、お客様の気持ちに寄り添い、お客様の代わりに執筆いたします。


心理学系の論文執筆

sinrigakukei.jpg


媒体名:学会発行の書籍
完成日:2016年6月

担当者より:
大学職員のお客様より、心理学系の学会が発行する書籍の、担当項目の原稿代筆をご依頼いただきました。

お客様が日常的に行っている業務のなかで感じたことや、これまで研究されてきた内容をもとに、さまざまな先行研究を参考にしながら、執筆させていただきました。
重視したのは、読み手の立場にたった「具体的な事例」と「わかりやすさ」です。論文としての体裁を整えながら、書籍になるということで、読みやすさも大切にしました。



経営学修士論文の執筆

kyowakino2.png

媒体名:論文
完成日:2014年2月

担当者より:
ある大学の経営学修士の方から修士論文の作成を依頼されました。ある会社の経営者の方なのですが、ご実家のビジネスをより大きくするため、発展させるために、大学院に通われていました。バリバリのビジネスマンですから、普通の学生のように、論文執筆に十分な時間がとれません。そこで当社がゴーストライターのお手伝いをさせていただいたというわけです。自社の経営状態の分析の方法、新たな販路の模索法といったことを、学問的に追究するとどうなるかということがわかり、たいへん勉強になりました。



林田正光著 「人生でいちばん幸せなサービス~ロイヤルセントヨークの祝福」

styork.jpg

あさ出版刊 四六版 並製 1400円(税別)

購入はこちらをクリック!

https://www.amazon.co.jp/人生でいちばん幸せなサービス-ロイヤルセントヨークの祝福-CS-ホスピタリティ-3/dp/4860633725/

 

著者プロフィール

林田正光(はやしだ・まさみつ)

 ザ・リッツ・カールトン大阪営業統括支配人として、同ホテルの"感動サービス"の基礎を築いたCSの達人。

 CS・ホスピタリティ経営総合プロデューサーとして年間300件以上の講演活動並びに、サービス業を中心とした企業・病院等のCS経営のアドバイザーとして数多くの顧問先を指導。実践者としての裏づけされた指導は理解しやすい事で好評を得ている。



林田正光著 「感動を成果につなげる ホスピタリティの心と実践コース」

PHP研究所刊 B5版 並製 16,800円(税込・テキスト2冊・添削2回)

購入はこちらをクリック!

http://www.php.co.jp/keiei/detail.php?product=tra&code=FEC

 

著者プロフィール

林田正光(はやしだ・まさみつ)

 ザ・リッツ・カールトン大阪営業統括支配人として、同ホテルの"感動サービス"の基礎を築いたCSの達人。

 CS・ホスピタリティ経営総合プロデューサーとして年間300件以上の講演活動並びに、サービス業を中心とした企業・病院等のCS経営のアドバイザーとして数多くの顧問先を指導。実践者としての裏づけされた指導は理解しやすい事で好評を得ている。

 



白潟敏朗著 「図解 会社が劇的に変わった! すごいしかけ」

すごいしかけ.jpg

あさ出版刊 B5版 並製 1,890円(税込)

購入はこちらをクリック!https://www.amazon.co.jp/CD-ROM付-図解-会社が劇的に変わった-すごいしかけ-白潟/dp/4860633547/

 

著者プロフィール

白潟敏朗(しらがた・としろう)
 トーマツ イノベーション株式会社代表取締役社長。イノベーションクラブ主宰者。
 1964年生まれ。埼玉大学経済学部経営学科卒業。
 監査法人トーマツグループにて製造・建設・サービス・流通・IT業の大手・中堅・中小企業約300社に対するコンサルティング実績を有する。攻め(売上アップ)と守り(コストダウン)と活性化、経営管理の四つがコンサルティング分野。
「エクセレントカンパニーの成功は、シンプルなしかけ三つによってもたらされているはずだ」という仮説を検証することがライフワークで、コンサルタント業のかたわら「シンプルしかけ」の探究に日夜いそしむ。主宰するイノベーションクラブですぐれた「しかけ」の紹介にあたり、現在、会員数は2300社、セミナー受講者数は17万人、セミナー満足率の平均は90%以上にのぼるなど、「おかげで会社が劇的に変わった」と賞賛する声が数多い。
 著書に、発売2カ月で11万部を記録したベストセラー『上司のすごいしかけ』をはじめ、『売上アップのすごいしかけ』『仕事の2力』『伸びるしかけ』(以上、中経出版)、『デキるトップのすぐ効く! しかけ』(大和書房)などがある。


 



日本経済新聞社

tadasiibunsyo.jpg

媒体名 これは便利!正しい文書がすぐ書ける本
発行日 2002年12月
種類 単行本
著者 小林悟


あさ出版

tuyoieigyou.jpg

媒体名 強い営業部をつくる
発行日 2006年7月
種類 単行本
著者 山口真一


あさ出版

kokoro.jpg

媒体名 心の営業
発行日 2007年12月
種類 単行本
著者 田中敏則



戻る